neko nikki

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最悪」最高っ

水曜の夜に2時半まで「最悪」を読んでいた。続きが気になったけど、20ページほど残して寝た。そして木曜の夜帰宅してすぐ読み始めた。面白くなるまで少し時間がかかるけど、もう乗って来たら止まらない。女子銀行員、町工場の経営者、パチンコとカツアゲで暮らしている若者の3人がどんどん追いつめられて行き、最後に出会う。年が近いからか、町工場のおやじに一番感情移入してしまった。

そのおやじには、これでもかというぐらい、次々と問題が起こる。妻にさえ見栄をはり、どんどん苦しくなる。もうどうでもいい、殺してくれ、と思う気持ちが痛いほどわかる。あまりに可哀想で、こちらまで苦しくなりそうだった。はぁ、とりあえず大団円に近いラストでホッとした。

しかし奥田英郎文庫は全部読んでしまった(エッセイは読んでないけど)。どうしよう。「インザプール」を単行本で買うか。いや、春樹さんの新刊をまだ読んでないんだ。まだまだ読む物はたくさんあるさ。

来月から本屋大賞の一次投票が始まる。今年は悩むことないな。ふふ、他の本屋のみなさんが奥田くん(ついにクン付け)にどんな反応をするのか、早く知りたいなー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

neko

  • Author:neko
  • 07年5月20日に小さな本屋を開店しました。あわあわした日々です。

    bookshop黒猫堂
    http://www011.upp.so-net.ne.jp/kuronekodo/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。