neko nikki

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慌ただしい

3日ほど現場に行かずに、手続き関係であちこち歩いていた。

今日は実家から帰って、買って来たパンを食べようとした時にケータイが鳴り、お願いしていた電気屋さんから「10分ほどで行きます」。あわわ、パンをカバンに突っ込んで店へ。こんなことばかりだけど、家から近くて本当によかった。

打ち合わせを終え、100均に買い物に行く。やっぱり日曜日は動くもんじゃないなぁ。雨にも負けず、ごった返していた。5メートルのメジャーとグラスを5個、本を面陳する時のすべり止めシートやなんかを購入。スリッパが欲しかったのだけど、100均には恐ろしくもっさいのしかなかったので、仕方なく300均で買った。

ストアデポに3段以上の脚立しか出てなく、小さいのありませんかと聞くと、脚立ではないですけど、と2段のを出して来てくれた。どうやら2段以下は踏み台と言うらしい。知らなかった。どう違うんだ?

その踏み台を担いで店に戻り、今まで手が届かなかったところを計っていると来客が。階段を上がる足音が聞こえて、一瞬身構えるも、飲み友達の書店員Tさんだった。少し話しをして、お帰りに。
スポンサーサイト

コメント

「現場」があって初めて具体化だなあ、と今日の記事を拝読して思います。はげみになります。こちらは今、運送会社(東京から台北まで)から見積書を取り寄せ中。中国人は「貨比三家」と言い、三社で比較しようも大手一社「S運輸」はなしのつぶて。そりゃそうか!まだ会社も設立していない状況で、吹けば飛ぶような荷物の量じゃ相手にはされんわなあ、と自分の世間知らずを自嘲する次第。むしろ取次さんから紹介された小さな会社が機敏に対応してくれて誠実さが伝わってくる。ありがたい。Nekoさん、帰国する時は必ず京都に立ち寄っていますので(実家が奈良)、必ず行きます!
【2007/04/23 10:14】 URL | 台湾バナナ #mXZ0cYXQ[ 編集]
台湾ばななさんの書店は在台湾日本人向けですか?だから日本から「輸入」するために苦労されているのですよね。確かに銀行も国金も実績のない客には冷たいものです。これから始めるのにどうやって実績を示せというのか。。。書店業界でも同じですが。

奈良でしたか!「鴨川ホルモー」作者の第二弾「鹿男あおによし」(幻冬舍)を強力におすすめします!私も4才まで学園前の団地に住んでいました。あやめ池にはよく遊びに行ったようです。
【2007/04/23 10:37】 URL | neko #-[ 編集]
今はなき「あやめ池」!数年前帰国したら遊園地が無くなっていました。
顧客は台湾人を想定して、ビジュアルな本を日本を主体、ヨーロッパから少し輸入しようとしています。ヨーロッパの方は会社を設立してから。(もうちょっと英語勉強しないとやりとりができない)でないと個人ではおそらく全然相手にしてくれないでしょうから。再販制のない台湾の書籍は地元の大手書店が「新刊21%off」みたいにやっているのでとても太刀打ちできません。輸入書なら価格はもう少し利幅のある価格を自分で設定できそうです。地元の大手ができないことをやっていかないと成立しないので、ベストセラーなんかもはなから置かない(置けない?)ことにしています。
【2007/04/23 11:39】 URL | 台湾バナナ #mXZ0cYXQ[ 編集]
なるほどぉ。日本では個人でもずいぶんやりやすくなっているようですね。不動産も直取引も、今のところ個人なので苦労したことはありません。

三月書房さんがいつもおっしゃっていますが、個人経営の商店は隙間産業です。大手がやらないことにしか活路はないと。

21%も値下げして、儲けがあるとは!(あるんですよね)
【2007/04/23 17:28】 URL | neko #-[ 編集]
三月書房さん。20年程前、よく通っていました。上京に住んでいたので、京都御苑を斜めに歩いて寺町へ。今も帰国すると必ず寄ります。辛口Blogも拝見しています。「天に唾する京都の書店のうわさ」。大手とスピードでは勝負できないので、船便で入れても価値の下がらないもの。大きな書店で棚の隅に押しやられてくすんでいる本が、小さな書店で輝いている現場を何度も見ています。
【2007/04/24 10:36】 URL | 台湾バナナ #mXZ0cYXQ[ 編集]
京都でも働いていらしたのですか?それとも学生時代でしょうか。
店内に240センチのカウンターを置いて、その横にアンティークの机を置きたいなあ、でもますます狭くなる~と悩みまくっていたら、ふと「三月さんがある!狭くたっていいか」と開き直りの境地に達してしまいました。宍戸さん、勝手に安心の対象にしてすみません。

「小さな書店で輝いている現場」!光明ですね。これこそ目指すところです。何だか嬉しくなってしまいました(能天気過ぎ)。
【2007/04/26 10:56】 URL | neko #-[ 編集]
ティーンズ文庫を探すなら http://www.mladickrealty.com/200162/209260/
【2008/09/13 17:42】 URL | #-[ 編集]
【2008/10/04 09:33】 URL | #-[ 編集]
鯖には青魚に多く含まれるEPA、DHAをはじめ、ビタミンB2、ビタミンD、カルシウムなども多く含まれています http://lastly.victoriaclippermagazine.com/
【2008/10/15 12:21】 URL | #-[ 編集]
【2008/11/10 20:33】 URL | #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

neko

  • Author:neko
  • 07年5月20日に小さな本屋を開店しました。あわあわした日々です。

    bookshop黒猫堂
    http://www011.upp.so-net.ne.jp/kuronekodo/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。