neko nikki

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしい話

返品期限が過ぎてしまったものや、取り置きしていてキャンセルをくらったものは、そっと返すわけにいかなくて、出版社様の了解が必要なわけです。

で小学館に依頼のFAXを書いていたら、まず「小」と書いたところで、電話がなり、本を探したりした。戻って続きを書こうとして「館」と書いてしまった。「小館御中」。

修正液で消そうとしたら、お客さんに声をかけられ又本を探し。思い出した他の仕事などをしていた。もう想像がつくでしょう(笑)。修正液のことなどすっかり忘れて、そのまま送信してしまいました!しばらくしてから青くなったけど、もう訂正のしようがない。大出版社様だから、そんな小さいことで怒らないよね。それとも了解してくれないかな。

DSでせっせと脳を鍛えてるけど、全然改善されてないなぁ。もうあきらめて、どうぶつの森でも買おう(欲しいだけじゃん)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

neko

  • Author:neko
  • 07年5月20日に小さな本屋を開店しました。あわあわした日々です。

    bookshop黒猫堂
    http://www011.upp.so-net.ne.jp/kuronekodo/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。